ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で読める超面白いWebマンガ「Hybrid Insector」が人気


いまインターネットで1つのWebマンガが人気を呼んでいる。

チャンピオンREDで「鉄のラインバレル」を連載中のプロのマンガ家である清水栄一さんと下口智裕が、自分のホームページ「ナデガタサークル」で連載されているWebマンガ「Hybirid Insector」がとても面白いのだ。

このWebマンガは昔からファンの多い「仮面ライダー」をベースとして話が展開する。

大まかな内容としては、体に改造を受けた仮面ライダーが人類から迫害され、狩られるようになった世界でのライダーの戦いを描いた作品である。

現在は「Chapter : 06」までが公開されているが、とにかく熱く、ストーリーを盛り上げてくれる。

仮面ライダーで育った世代でも、そうでない方でも、とても楽しめるWebマンガなのではないだろうか。
【“無料で読める超面白いWebマンガ「Hybrid Insector」が人気”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/02/23(金) 10:58:25|
  2. ヲタクカルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

適度な「ヲタク的素養」はモテるのか?


2月16日、「ヲタク」に関する意識調査を行った企業が、その結果を公表した。

それによれば、適度な「ヲタク的素養」は、多くの人に良い印象を与えるという結果がでたという。

調査の詳細な結果では、61.6%の人が「最近、懐かしいと思う曲や昔のテレビ番組、映画、特撮、アニメ、漫画で最近盛り上がったことがある」と回答し、「会話の中でのセリフや仕草」の中にあえてアレゲな要素をからめることで、場が盛り上がった傾向が強いようだ。

ネガティブなイメージから連想されるような「ガチなヲタク」では、人間関係の中にミゾを生む可能性もあるが、「ちょいヲタ」くらいのキャラクターなら、逆に好印象だという。

ということは、「ヲタク」な要素を多かれ少なかれ持っている人は幸運である。

なぜなら、持っている「ヲタク的素養」を外に発するスピーカーのボリュームを調節すれば良いのだから。

ただ、「ヲタク的素養」は、黙っていてもファッションから出ているかもしれないので、そこだけは注意が必要かもしれない。
【“適度な「ヲタク的素養」はモテるのか?”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/02/16(金) 23:36:01|
  2. ヲタクカルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ版「ときめきメモリアル」に残念な声が多数


元祖・恋愛シュミレーションゲーム「ときめきメモリアル」を原型に作られた、アメリカ版「ときめきメモリアル」が一部の間で噂になっている。

このアメリカ版「ときめきメモリアル」は「Brooktown High Senior Year」というタイトルだ。

女の子の好みのタイプに合わせてキャラクタを作成し、会話を盛り上げて親密になるという点では、まさに「ときめきメモリアル」なのだが……、グラフィック面では元祖「ときめきメモリアル」とはあまりにも似ていないため、一部の間では残念な声が出ているようである。

実際の画像はコチラコチラで確認できる。

たとえ話として、食品を輸入するときなどは、多少なりとも現地の人々が好みそうな味にすることがあるが、この場合も日本が生み出した「萌え」なキャラクターたちをアメリカン・テイストに変えたと考えれば、少し納得できる。

ただ、日本のヲタク市場ではあまり好まれないだろう。
【“アメリカ版「ときめきメモリアル」に残念な声が多数”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/02/14(水) 23:45:16|
  2. ヲタクカルチャー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

いっぱい告白してくれる「告白CD」にネットが注目


いま「妄想ボイスCD」というものが、一部のあいだで非常に注目されているようだ。

「妄想ボイスCD」とは、頭の中を妄想でいっぱいにしてくれるCDのようで、もうすでにアキバblogによれば第二弾までが発売しているようである。

ちなみに第一弾は「おにいちゃんCD」といい、あなたはある女の子の「おにいちゃん」となって、「おにいちゃん」という言葉のみを延々と聞かせてくれるCDのようだ。

しかし、CDには合計1200もの「おにいちゃん」ボイスが含められており、12人の声優による100種類のシチュエーションを楽しめるという。

第二弾は「おしかりCD」というもので、あなたのことを「ばかじゃないの?」や「いいかげんにしてよ!」という言葉で罵倒してくれるという。

普段叱られない人、本当は叱られたくてたまらないM気質な方のためのCDのようである。

そして、今後発売予定の待望の(?)第三弾は「告白CD」である。

「愛してます」や「付き合ってください」などのあらゆるシチュエーションで、あなたに愛の告白をしてくれるようだ。

最近の「萌え市場」は、特定の「属性ターゲット」を意識した商品が多いようだが、その需要に対する的確な供給がすごい。
【“いっぱい告白してくれる「告白CD」にネットが注目”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/01/30(火) 09:57:08|
  2. ヲタクカルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

タカラトミーから"ツンデレ"ワンセグテレビが発売


おもちゃ企業の「タカラトミー」から、ちょっと変わった「ワンセグテレビ」が発売された。

実は、その「ワンセグテレビ」は、「ツンデレ」なのである。

「ツンデレ」といえば、新語辞典「現代用語の基礎知識2006」にも掲載されているほどの有名な言葉である。

はてなダイアリーのキーワードから抜粋すれば、以下のような意味となるようだ。

1. 本当は憎からず思っている相手にツンツンする(してしまう)こと。
2. 主人公に対して刺々しい態度を取っていたヒロインが、何かのきっかけでツンツンの中にも隠し切れない照れを見せる、あるいは反転して急速に好感度を上昇させていくストーリーおよびそのヒロインのこと。




この「ワンセグテレビ」、使い始めはツンツン・モードでユーザーに接し、どんどん使い慣れてくる間に「愛が芽生え」、デレデレ・モードになるという。

具体的には、チャンネルボタンなどを操作すると女性の声で「チャンネル変える気ぃ!?」や、輝度を上げると「まぶしいんだけど」と言われてしまう。

しかし、使い込んでくるうちに、「ええーっ、帰っちゃうの?」(電源OFF)、「チャンネル変えるね」、「明るくしまーす」(輝度向上)など、どんどん親密度がアップするという。

まったく、タカラトミーったら、「こんなワンセグテレビなんて、ほしくないんだからねっ!」。

ちなみに写真は、いま人気のBUFFALO製 USB2.0対応ワンセグテレビチューナー「ちょいテレ」である。

「ちょいテレ」だからといって、デレデレしたナビゲーション機能は付いているわけではないので、注意だ。
【“タカラトミーから"ツンデレ"ワンセグテレビが発売”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/01/24(水) 09:44:30|
  2. ヲタクカルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Amazon」が「OTAKUストア」を開設


最大手オンライン・ブックストアの「Amazon」が、アニメやマンガ、フィギュア関連専門の商品を集めた「OTAKUストア」を開設した。

アニメやコミック関連の書籍、DVD、ゲーム、フィギュアなどの商品を合計3万点以上取り揃えている。

「涼宮ハルヒの憂鬱」や「魔法先生ネギま!」などのタイトルから検索するも良し、「庵野秀明」や「大友克洋」や「押井守」などの監督・著者名で検索するも良し、かゆいところに手が届くインターフェイスになっているようだ。

また、「フィギュアバーゲン ALL 30% OFF~」なんていう広告もあるため、「Amazon」を利用して安くアニメ関連商品をゲットするのもいいかもしれない。

ちなみに「楽天市場」にも同様の商品を扱った「もえもえ市場」が存在する。

もはや、このような「ヲタク市場」は無視できない規模に成長しているため、ヲタクの生息地であるオンライン上に店を構えることは必須なのだろう。
【“「Amazon」が「OTAKUストア」を開設”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/19(火) 01:30:45|
  2. ヲタクカルチャー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

いま注目される裏流行語「π/」とは


今年も「流行語大賞」が12月の上旬に決定される予定だ。

しかし、世の中には世間一般の「流行語」としては不十分だが、一部でとても流行した「裏流行語」というものが存在するようだ。

今回は、今年、注目された「裏流行語」についていくつか解説したいと思う。

「π/」(パイ・スラッシュ)
「π」とは女性の胸を表し、「/」は肩から斜め掛けしたカバンのひもを指す。
転じて、女性がカバンをたすき掛けすることにより強調される胸のことを「π/」と呼ぶようだ。
これはいわゆる「萌え属性」なシチュエーションであり、この状況下をこよなく愛する方々も多くいるようだ。

「ようつべ」
今年、インターネットで最も注目された動画サイト「YouTube」をローマ字読みした呼び名。
「YouTube」は、Time誌がその年の最高の発明に贈る「Invention of the Year」にも輝いた。

「QBK」
FIFAワールドカップ・ドイツ2006における日本対クロアチア戦で、後半6分に決定的チャンスを外した柳沢敦選手の名言「急にボールが来たので」が簡略化したもの。
ちなみに柳沢敦選手は「ぼくのシュートチャンスはあの一本だけだった。急にボールが来たので。足の内側でければよかったが、外側でけってしまった。」と言っていたようである。

「裏流行語」はすべての世代や、趣味を考慮しないものなので、この言葉たちをよく見た人もいれば、そうでない人も多くいるはずである。

まだまだ「裏流行語」はたくさんあるはずなので、インターネットを注意深くさぐれば、発見できるだろう。
【“いま注目される裏流行語「π/」とは”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/11/30(木) 11:52:29|
  2. ヲタクカルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。