ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンソース3Dソフト「Blender 2.44」が公開


非常に多機能で、有償の高価な3Dソフトと劣らぬ機能を持つ、オープンソースの3Dソフト「Blender 2.44」が公開された。

「Blender」はBlender Foundationによって開発が進められ、この団体のWebサイトで、各種プラットフォーム用にコンパイル可能なソースコードのほか、32ビットCPU対応バイナリ(Windows、Linux x86、Mac OS X PPC / Intel)と64ビットCPU対応バイナリ(Linux x86)が配布されている。

マイコミジャーナルによれば、今回のリリースによって、新しいMaterialオプションとして「Subsurface Scattering(SSS)」をサポート。

表面下で光が散乱する素材をレンダリングするとき、表面上の光をぼやけさせた自然な表現が可能となった。

ダウンロードはコチラのページからすることができる。

また、非公式ではあるが、日本語のサポートサイトもあるようなので、一度覗いてみると良いかもしれない。
【“オープンソース3Dソフト「Blender 2.44」が公開”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/05/16(水) 07:18:49|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleが国内学術論文300万件を検索可能に


国立情報学研究所(NII)は、大学などに提供してきた学術論文300万件をGoogleから検索できるようにしたことを発表した。

この機関は、主要学術雑誌約2800誌の電子化とオンライン提供を行っているところで、今回のGoogleへのデータ提供によって、国際的情報発信力を高めるのが狙いのようだ。

これまでは海外論文のみに対応していたGoogle Scholarも、今度からは日本の論文を探し出すためにも利用することができ、目当ての論文が見つかることになるだろう。

多くの人に論文データを触れやすくすることで、埋もれていた高度な技術に再び光が与えられることもあるはずである。

これから多くの論文を読まなくてはならない学生諸君も、このGoogle Scholarを利用してみると良いだろう。
【“Googleが国内学術論文300万件を検索可能に”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/05/08(火) 10:00:00|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

2種類のワームが大多数のボットネットを形成

いまセキュリティ業界では、非常に深刻な問題の1つとして、「ボットネット」の問題がある。

世の中にはウイルスに感染したパソコンを勝手に操作する悪のクラッカーがおり、彼が世界中の感染パソコンを使ってネットワークを組み、官公庁や企業のサーバーなどにアタックを仕掛けてくることがあるのだ。

このような感染パソコンのネットワークを「ボットネット」と呼ぶが、どうやら最近のボットネットの種類は2種類のワームによって成り立っていることがわかってきたようだ。

その2種類とは、「SDbot」と「Gaobot」というワームだ。

Help Net Securityによれば、2007年第一4半期に検出されたボット関係の事件の約80%はこの2種かその亜種によるものであったという。

これらのワームに感染してしまうのは、やはりWindowsのアップデートがなされていなかったり、ウイルス駆除ソフトを導入していなかったことが原因だ。

このワームに感染してしまうと、これまでのようにデータを失う可能性だけでなく、自分のパソコンが加害者になることすらありえるのだ。

ビジネスでパソコンを使う方はとても多いと思うが、ウイルスによる被害によって、ビジネスが台無しになってしまうことは恐ろしいことだ。

どんなことでもリスクマネジメントは必要なので、ウイルス対策はこれからも重要な課題になってくるだろう。
【“2種類のワームが大多数のボットネットを形成”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/04/27(金) 07:29:32|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

オリコンがランキングAPIを公開


ランキングで有名なオリコンが、自社のランキング情報のAPIを公開することになった。

また、オンラインショップのアマゾンと提携することで、オリコンのサイトのアクセスアップを図ろうとしているようだ。

CNET Japanによれば、公開されるランキングの種類は、音楽CDやDVDだけでなく、エステティックサロンや人材派遣などの顧客満足度をランキング化した「CS(顧客満足度)ランキング」なども含まれるようである。

また、アーティストの略名などからも、作品などを調べることができる、オリコンの持つサーチエンジン「アーティスト検索」のAPIも公開される。

これからますます音楽まわりのAPIが強化されることで、新たなマッシュアップサイトが現れるのではないだろうか。

特にオリコン自体がやろうとしているように、アマゾンとオリコンという関係は、とても良い組み合わせである。

逆を言えば、ありきたり過ぎるくらいなので、もっと奇抜で面白い組み合わせのマッシュアップ・サイトが生まれたら目をひくかもしれない。
【“オリコンがランキングAPIを公開”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/02/21(水) 00:35:01|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Yahoo!」が「Pipes」をスタート


最近「Web 2.0」化を目標に掲げている米Yahoo!が、便利そうだが、なかなかわかりづらいサービスを開始した。

そのWebサービスは、「Pipes: Rewire the web」というものだ。

TechCrunchによれば、この「Pipes」とはUNIX環境におけるパイプ操作から由来する名前で、いろいろなWebサービス間でのデータのやりとりを容易にする仕組みを提供するという。

つまり、Webサービス版の「Plagger」のようなものだろうか。

「Pipes」上にも多くの機能を施すモジュールが用意されており、ユーザーの入力を促すプロンプト機能、カウンター、ループ、カット、ソート、マージなどデータを処理する多様な演算子、さらに文字列、データの処理関数などなどがあるという。

これらのモジュールを相互にくっつけることで、自分好みの情報を返してくれるシステムを、簡単に手に入れることができるようになる。

これらの設計をするためには、グラフィカルなUIを提供しているため、自分で組み立てるのも容易にできる。

しかし、いくらコンピューターがどこの家庭にも進出してきたとはいえ、なかなかとっつきづらいのは否めない。

コンピューター中級者から上級者向けのサービスである。
【“「Yahoo!」が「Pipes」をスタート”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/02/09(金) 12:50:18|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「ソースコード検索エンジン」のリスト


何かソフトウェアを作ろうと考えたとき、既存のソースコードを参考にすれば、よりスピーディにプログラミングが可能になる。

そのため、最近では「ソースコード検索エンジン」がいろいろなところで公開されている。

多くの人が利用できるよう、今回はリストを作成してみたので、お気に入りの「ソースコード検索エンジン」を見つけて欲しいところである。

Google Code Search
koders
krugle
byteMyCode
AllTheCode
Codase



未確認だけれども、ちょっと使えそうなところもどうぞ。

CodeHound
csourcesearch.net



似たようなプロジェクトがオープンソースとして公開されているならば、そちらの構造を参考にしてもいいかもしれない。

SourceForge.jp
SourceForge.net
CodePlex



ただ、ソースコードなどにはライセンスがあるので、そのことには十分チェックしよう。
【“「ソースコード検索エンジン」のリスト”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/02/07(水) 14:54:18|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Google」と「NASA」が提携


これまでも「Google Moon」などで、「Google」に対してデータによる情報提供をしてきた「NASA」であったが、このほど本格的に技術・情報における提携をしたようだ。

NASAエイムズリサーチセンターと米Googleは、民間企業と提携して共同作業を行なうための「Space Act Agreement」という提携を正式に締結したのだ。

共同プロジェクトの第一段階として、「NASA」が公開しているデータに、一般の人々がインターネット経由でアクセスし活用する方法を検討しているようである。

例として、気象データのリアルタイム映像化や予測、月や火星の高解像3Dマップ、国際宇宙ステーションやスペースシャトルのリアルタイム・トラッキングなどを挙げている。

今、世界の天才が集まるところといったら「Google」か「NASA」か、という印象が強かったが、その2つの組織が手を組むとは素晴らしいことではないだろうか。

「NASA」が所有する膨大なデータを「Google」と共に共有することで、これまでに実現できなかった多くの技術や新たな発見を世界の人々にも提供できるはずである。
【“「Google」と「NASA」が提携”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/20(水) 11:43:38|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。