ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleが国内学術論文300万件を検索可能に


国立情報学研究所(NII)は、大学などに提供してきた学術論文300万件をGoogleから検索できるようにしたことを発表した。

この機関は、主要学術雑誌約2800誌の電子化とオンライン提供を行っているところで、今回のGoogleへのデータ提供によって、国際的情報発信力を高めるのが狙いのようだ。

これまでは海外論文のみに対応していたGoogle Scholarも、今度からは日本の論文を探し出すためにも利用することができ、目当ての論文が見つかることになるだろう。

多くの人に論文データを触れやすくすることで、埋もれていた高度な技術に再び光が与えられることもあるはずである。

これから多くの論文を読まなくてはならない学生諸君も、このGoogle Scholarを利用してみると良いだろう。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
Googleは最近ますます調子が良いように見える。

その点、米Yahoo!はうまくいっていない模様だ。

[関連リンク]
Google Scholar
スポンサーサイト
  1. 2007/05/08(火) 10:00:00|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/615-9119e1db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。