ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

P2Pソフト「Share」のネットワークを可視化するシステムが登場


住商情報システムという企業が、ファイル共有ソフト「Share」のネットワーク全体を容易に可視化できるシステムを提供開始した。

そのシステムの名前は「Sharebot」といい、その開発元はP2Pのファイル共有にまつわるセキュリティに詳しい「eEye Digital Security」である。

「eEye Digital Security」といえば、セキュリティの専門家である鵜飼裕司氏が有名だ。

この「Sharebot」は、通常の「Share」と同じような振る舞いをしながら他のノードたちと通信を行い、通信されるキー情報のデータベースやファイルの完全キャッシュがどのノードに存在するかを調べるという。

他の「Share」たちは、「Sharebot」を同類のソフトであると勘違いをしながら通信を行い、自分の持っているファイル情報を与えるということだろう。

ちなみに「Sharebot」には、個人向けに無償で提供される「Retina Sharebot Personal Edition」と、法人向けの「Retina Sharebot Professional Edition」があるようだ。

個人向けと法人向けの差はそのスレッド数にあり、同時に接続できるノードの数が前者は40、後者は65535というように大きく異なる。

また、「Sharebot」は「Share」のAPIを内部で呼び出しているため、「Sharebot」を動かすためには「Share」が必要らしい。

この仕様にはいささか問題があるような気もするが、完全に「Share」の挙動を模倣することは難しかったということだろうか。

この「Sharebot」システムを利用すれば、交換可能ファイル名やハッシュ、ファイルの存在するノードのIPアドレスとポートなどがわかってしまう。

まだ「Share」を利用している方は、このシステムによって検知されてしまうことになるので、このソフトの使用を改めて注意してほしいところだ。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
ちなみに鵜飼氏は米国在住で、米eEye Digital SecurityのSenior Software Engineerを務めているという。

[関連リンク]
CNET Japan
eEye Digital Security
Retina Sharebot
スポンサーサイト
  1. 2007/03/08(木) 11:57:07|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/589-2424dd81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。