ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「社内ブログ」の導入で「2ちゃんねる」の企業批判が減少


これまで、多くの企業が巨大掲示板郡「2ちゃんねる」の書き込みに悩んでいた。

それは、企業の内部における不満や、企業ブランドを損ないかねない書き込みがたくさん見られたからだ。

企業の悪口を書き込む人物が本当に企業内の人物か、想像で企業内のイメージを書き込んでいるかはわからないが、とにかく書き込まれた企業は悩んでいた。

しかし、最近「社内ブログ」や「社内SNS」を導入する企業が増え、「2ちゃんねる」への書き込みが減少したという声が聞かれるようになったようだ。

ということは、やはり社員による内部告発が少なからず行われていたのだろう。

TechTargetでは、この現象について記している。

お互いに話したことのない社員同士でも、「社内ブログ」などの導入で、社員同士の親近感が感じられるようになり、会社への信頼関係が上昇することが挙げられるようだ。

また、これまで正当に「発言する」という行為ができなかった環境にいた社員たちが、もしかすると「社内ブログ」が導入されたことで、大きく発言する欲求が満たされた可能性もある。

これまでは仕事以上の関係を得るために、「飲みニケーション」を行うことが多かったが、これからは「社内ブログ」や「社内SNS」による信頼関係の構築が重要視されるのだろう。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
社内の技術を共有するために「社内wiki」を導入しているところもあるだろう。

情報の共有、意志の疎通という課題を、IT技術で補えるようになった現代は良い時代である。

[関連リンク]
TechTarget
スポンサーサイト
  1. 2007/02/02(金) 12:44:57|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/565-12472eda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。