ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「インターポール」がネットの児童ポルノ摘発におとり捜査開始


日本で「インターポール」と言えば、「ルパン三世」に登場する「銭形警部」を思い浮かべる人も少なくないと思うが、実際に存在する世界的な警察機関だ。

その「インターポール」が、インターネット上の児童ポルノ犯罪の捜査に臨む特捜チームを結成し、国際的な摘発を進めるプロジェクト「Project Guardian」の本格始動をスタートしたという。

このプロジェクトには100万ユーロ(約1億5700万円)がつぎ込まれ、インターネット上に児童ポルノ犯罪者を誘い込む、おとり捜査目的のサイトなどを開設しているそうだ。

このサイトから、不純な動機で児童との接触を試みようとしたり、児童の猥褻画像を手に入れるためにサイト運営者に接触しようとすれば、たちまち捜査の手を伸ばせるようになっている。

もうすでに世界各地の500人以上の児童救出にも成功しているおり、良い成果を出しているようだ。

国際的な警察機関は、国際的な指名手配犯の情報を扱うだけでなく、このような捜査もしているとは、知らなかった。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
Wikipediaによれば、「インターポール」は「『国際警察』のような描かれ方をするが、実体はそのような大規模な組織ではなく各国法執行機関の連絡機関・協議体としての性格が強い」らしい。

なるほど、勉強になる。

[関連リンク]
国際刑事警察機構(インターポール)
銭形警部
MYCOMジャーナル
スポンサーサイト
  1. 2007/01/23(火) 10:48:56|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/557-4bde3681
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。