ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろ変わる、これからの「著作権法」


ここのところ、政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)が、将来の「著作権法」をめぐっていろいろと検討しているようである。

例えば先日のasahi.comによれば、昔の番組を再配信する場合に、出演者らの承諾を得ようと思っても、「相当な努力」を払っても連絡がとれない場合がありうる。
そんなときに、未承諾でも再利用が可能になるよう著作権法を見直す動きがでてきている。

また、これまでの「著作権法」では、ネットの検索サービスのための、データを蓄積する検索サーバを国内に設置することができなかった。
検索のためだとしても、複製や編集を行うことは禁じられているのである。
それを、新しい「著作権法」では、例外項目として「検索のための複製や編集」は著作権侵害に当たらないことを明確化をするようである。

これからのネット社会を考えたときに、法が現実に追いついていないがために、日本のIT産業が欧米に出し抜かれることは非常に痛い。

政府にもこれからの日本のネットを応援してもらえば、ようやく我々も心置きなく開発ができるというものである。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
最近、著作権期間の延長に関してもいろいろな議論があるようだ。

しかし、著作権という権利をばらばらにすると、いろいろな権利がひそんでいるようなので、なかなか理解するのが困難である。

[関連リンク]
asahi.com
CNET Japan
スポンサーサイト
  1. 2007/01/22(月) 13:19:28|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/556-65c00a2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。