ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のネットユーザは1.3億人


2006年末に、中国のインターネットユーザー数が世界2位となる1億3200万人に達した、と中国情報産業部が発表した。

ユーザー数は2004年に9400万人、2005年上期に1億人と増加傾向にあったが、2006年末には急速に増加した結果、1億3200万人になったようだ。

中国でもブログは人気で、その他にもオンラインゲームやインターネット広告の普及などが寄与して、中国インターネット業界の成長につながったようだ。

ちなみにインターネット人口が第1位の国は、当然ながらアメリカで、ちょっと古いWikinewsの情報では1億5204万6000人(2006年5月7日の情報)となっている。

ところで人口の多い国の中でもITの得意な国を考えたとき、「インド」が思い付くのだが、まだまだインターネット人口ランキングの上位には上がってこないようだ。

もしかすると、まだまだ富裕層と貧困層の格差が大きいのだろうか。

人口の多い国のインターネット人口は、日本の総人口に匹敵するほどの多さなので、インドがますますITに乗り出してきたときにインターネットも様変わりしそうである。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
ところで世界で最もインターネットの閲覧時間が多い国は、「イスラエル」だそうだ。

Piyo Piyo Videoでもお世話になっている、動画サイト「Metacafe」はイスラエルの企業である。

もしかすると、「Metacafe」がインターネットの閲覧時間を伸ばしているのかもしれない。

[関連リンク]
nikkei BP net
Wikinews「世界のインターネット人口、6億9,426万人に」
中国情報局NEWS
Piyo Piyo Video
Metacafe
スポンサーサイト
  1. 2007/01/11(木) 22:01:50|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/549-e6bad41b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。