ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年「Google」日本語検索ランキング発表


2006年1月1日から12月15日までの間に、「Google」で検索されたキーワードを集計したランキングが発表された。

総合ランキングでは「地図」「翻訳」「辞書」など実用系が強い傾向は変わらないが、固有名詞での検索が増加している傾向があるそうだ。

以下がそのランキングの10位までの詳細だ。

1位 地図
2位 翻訳
3位 辞書
4位 動画
5位 ほしのあき
6位 天気予報
7位 au
8位 価格
9位 郵便番号
10位 倖田來未



一般的な名詞よりも、「ほしのあき」や「倖田來未」のような固有名詞が増加してきた影には、多くの人たちが「検索する」という行為に慣れてきた背景があるようだ。

何か知りたいことがあったときに、「じゃあインターネットで調べよう」という流れが定着しており、そのまま知りたいキーワードをピンポイントで検索するようになってきたということだ。

最近では「au」の携帯電話でも「Google」が使えるようになったので、これからは出先で「地名」や「店名」などを調べる方も増加する可能性があるだろう。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
しかし、「Google」の検索で上位をとる「ほしのあき」さんや「倖田來未」さんはすごいですね。

日本には「総理大臣」や、「経済界の重要人物」、「ネットのご意見番」など、重要な人物がたくさんいると思うのだけれど、やはり上位にくるのは多くの人をひきつけるエンターテイナーなんですね。

[関連リンク]
Google
MYCOMジャーナル
スポンサーサイト
  1. 2006/12/21(木) 14:00:26|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/544-71ccd1b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。