ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年IT業界で話題の言葉1位は「Web 2.0」


ランキングのポータルサイト「ランキングジャパン」の行った「IT業界で働く人が選ぶネット話題語ランキング 2006」によれば、2006年最も話題に上った言葉は「Web 2.0」のようだ。

その他は、何かと話題に上がった「YouTube」や、今年東証一部に上場した「mixi」なども上位にランクイン。

また、携帯電話業界の勢力分布を塗り替えることとなった「番号ポータビリティ(MNP)」もランクインしている。

その他のランキングは以下のようになる。

1位 Web 2.0 76.4%
2位 YouTube 75.8%
3位 mixi 70.2%
4位 SEO 62.9%
5位 番号ポータビリティ(MNP) 62.4%
6位 Google 60.7%
7位 SNS 60.1%
8位 ロングテール 55.6%
9位 口コミ・バイラル 55.1%
10位 ワンセグ(ワンセグケータイ・放送) 50.6%
11位 iPod 50.0%
12位 ウェブ進化論 47.8%
13位 IE7 44.9%
14位 ドロップシッピング 40.4%
15位 Gyao 39.3%
16位 RSS 38.8%
17位 Yahooケータイ(ソフトバンク) 37.6%
18位 ブログ炎上 32.6%
19位 Wikipedia 30.3%
20位 ライブドアショック 29.8%



そういえば「ライブドアショック」も今年だったっけ、と、ついつい昔のことのように思えてしまう。

来年のインターネットでは何が流行するのだろうか、いまからとても楽しみである。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
私としては「ドロップシッピング」がもうちょっと流行ると思っていた。

もしかすると、敷居が低いとはいえ、自分で商品を作り出すという点で、一般人にはまだまだ面倒なのかもしれない。

[関連リンク]
ランキングジャパン
IT業界で働く人が選ぶネット話題語ランキング 2006
スポンサーサイト
  1. 2006/12/15(金) 11:46:07|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/540-043e6b2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。