ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年の流行サイト「Million Dollar Homepage」創始者が新たなチャレンジ


2005年、「10ピクセル四方を100ドルで販売」をテーマに、「Million Dollar Homepage」というサイトが超人気広告サイトとして注目された。

自分のサイトのトップページを、10ピクセル×10ピクセルを1マスとして、1万マスに分割。

その後、1マスを100ドルの広告スペースとして売り出すことで、利益を得るというサイトだ。

斬新なシステムとアイデアで、このサイトは一気に有名になり、一ヶ月で15万ポンド(日本円で約3000万円)の利益を叩き出したのだった。

そんな「Million Dollar Homepage」の創始者Alex Tew氏は、とうとう新たな企画を打ち出したようだ。

新たなサイトは「Pixelotto.com」といい、やはり「サイトの分割」を行って、広告スペースを買ってもらうことが基本となっている。

そして、今回の企画で追加された新たなシステムは、「宝くじ」機能が付いたことだ。


自分をサイト閲覧者として登録し、サイト内の広告をクリックすれば、閲覧者は宝くじの抽選に参加する権利を得るというのだ。

すべての広告スペースが売り切れたとき、登録したサイト閲覧者のうちの1人が、抽選で100万ドルを手にすることになるという。

「宝くじ」機能が付いたことで、このサイトを見る価値がいっそう大きくなり、これまで以上の訪問者が見込めることになっているため、「Pixelotto.com」に広告を出す意味がまた大きくなるわけである。

一見単純なシステムであり、不思議なサイトであるが、莫大な利益を生むことは間違いない。

ちなみに、創始者のAlex Tew氏は22歳の若者である。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
こんな奇抜な方法で100万ドルを手に入れることができるなんて、インターネットはまだまだ奥が深い。

[関連リンク]
Million Dollar Homepage
Pixelotto.com
CNET Japan
スポンサーサイト
  1. 2006/12/12(火) 14:00:56|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/537-031576e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。