ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年の「Web of the Year」が「Wikipedia」に決定


月刊インターネット情報誌「Yahoo! Internet Guide」が、2006年に最も人気のあったサイトに投票する「Web of the Year」の結果を発表した。

その結果、栄えある年間総合大賞を獲得したのは「Wikipedia」となった。

ちなみに「Wikipedia」をご存じない方のために説明をすると、このサイトは誰でも自由に編集・加筆が可能なご百科事典で、人々の集合知と善意によって成り立っているサイトである。

その他の賞を獲得したのは、以下のようなサイトたちであった。

年間総合大賞 : ウィキペディア
ネットレイティングス賞 : YouTube
話題賞 : YouTube
新人賞 : イザ!
ウェブ情報源 : ウィキペディア
コミュニティ : mixi
動画 : YouTube
エンターテインメント : ハンゲーム
音楽 : iTunes Store
地図 : Googleマップ
旅行 : じゃらん.net
ショッピング : Amazon.co.jp
ブログサービス : アメブロ
店舗検索 : ぐるなび
オンラインフォト・ストレージ : Yahoo!フォト
オンラインバンク : イーバンク銀行
オンライントレード : イー・トレード証券
コンピュータ : 窓の杜
検索 : Google
ニュース : NIKKEI NET
スポーツ : スポーツナビ
プロバイダ : Yahoo!BB



今年、何かと話題になった「YouTube」は、ネットレイティングス賞、話題賞、そして動画部門で1位を獲得した。

また、「Yahoo! Internet Guide」が主催の投票であるにもかかわらず、検索部門の1位が「Google」になってしまったことも、やや注目である。

一般的に日本人は「Yahoo!」のほうが好きなようであるが、今回の結果は「Google」に軍配が上がったようだ。

来年はどのような面白いサイトに注目が集まるのだろうか。

来年のインターネットも良い方向に進んでいって欲しいところである。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
この投票は一般的なWebユーザーを対象に行われたようなので、海外サイトや技術的な側面が優れたサイトなどに関しては、あまり注目されなかった感もあるが、一般ユーザーから見たときに「とっつきやすい」という点もサイトの魅力であるので、これらのサイトから学ぶことも多いのではないだろうか。

[関連リンク]
ITmedia
Wikipedia
YouTube
Google
Yahoo!
スポンサーサイト
  1. 2006/12/08(金) 23:59:38|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:1
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

いまいち納得できないんですけどね・・これ
  1. 2006/12/14(木) 23:29:18 |
  2. URL |
  3. たむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/535-4c4b44f8

ウィキペディア

ウィキペディアウィキペディア(Wikipedia)はインターネット上で作成、公開されているオープンコンテント方式の多言語百科事典である。ウィキペディアはウィキメデ
  1. 2007/01/24(水) 03:33:30 |
  2. もえの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。