ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

無線LAN共有サービス「FON」が日本進出

ヨーロッパやアメリカでユーザー数を伸ばしている無線LAN共有サービスの「FON」が、日本に進出してきたようだ。

「FON」はスペインで設立されたベンチャー会社で、「FON」が提供する無線ルータ「LaFonera」を自分の利用する回線に接続することで、ほかのユーザーが利用できるアクセスポイントを開設できるという無線LANの共有サービスだ。

「FON」のユーザー体系はなかなかユニークで、コンピューター業界の主要人物の名前に由来している。

まず、1つ目の種類は、「Linus」というユーザータイプで、ルータを購入して自宅に設置し、アクセスポイントを無料で開放するかわりに、他のユーザーが解放しているアクセスポイントを自由に利用できる。

2つ目は、「Bill」というユーザータイプで、ルータを購入し自宅に設置し、アクセスポイントを有料で開放するかわりに、ほかのアクセスポイントの利用が有料になる。

3つ目は、「Aliens」で、ルータを購入してアクセスエリアを開放するのではなく、有料でアクセスエリアを利用できる。

FON Maps」を見ると、まだまだ日本での普及はしていないようだが、「FON」の対応ルータ「LaFonera」は1980円とお得で小型なので、家にルータがなかった方には絶好のタイミングなのではないだろうか。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
以前、「スラッシュドット ジャパン」にて、ルータを購入せずアクセスポイントを開放しないが、無料でいろいろなアクセスエリアを利用できる「Ghoda」(ジャイアン?)というユーザータイプを提案していたのが面白かった。

[関連リンク]
FON
FON Maps
スポンサーサイト
  1. 2006/12/07(木) 11:38:26|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/534-0a332c90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。