ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

海賊版の取り締まり強化、ダウンロードも違法に


今、ネット界隈では、政府の提案する法案が、インターネットの文化と日本のインターネット経済を衰退させる可能性があることで注目されている。

その法案とは、知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)が提案する、音楽や映像を違法コピーした「海賊版」をインターネット上からダウンロードすることを全面的に禁止する著作権法改正のことである。

たしかにインターネットには「海賊版」の情報がたくさんあり、これまではそのようなコンテンツを「アップロード」すれば違法な扱いとされていたが、「ダウンロード」を禁止してしまえば、様々なケースを考えたときに、無意識的に多くの人が犯罪者になりうる可能性があるのだ。

たとえば、「こちらを見ていただきたい」と言って、映画のキレイな画像へのリンクを与えたとき、リンクをたどってしまったあなたはもう違反行為をしているのである。

なぜなら、映画は作成会社や配給会社、またはスポンサーなどの著作物であり、私や他の多くの人の持ち物ではない。

あなたは無自覚にコンテンツをブラウザで見ただけで、画像はコンピュータに「ダウンロード」されていることになるので、あなたは犯罪者になってしまうのだ。

しばしば、コンピュータが苦手な方は「ページを保存」しなければ「ダウンロード」にはならないと思っている方も多くいるが、それは誤りである。

多くのコンピュータはサイトを見る際に、いろいろなファイルを「ダウンロード」することで、そのサイトが見れるようになっているのである。

つまり、電話回線や光回線を通じて、違法コンテンツを閲覧してしまえば、それは違法である。

見なければそれがどんなものなのかわからないにもかかわらず、見たとたんに違法行為になってしまうことはおかしなことである。

この法案は、個人レベルの「ダウンロード」に注目しているが、これからの日本のコンテンツ・ビジネスを左右する重要な法案でもある。

インターネットの可能性の芽を摘むことにもなりかねないので、多くの人々ができる限り真剣に考える必要があるだろう。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
非常に問題が多い法案なので、もっとコンピュータの専門家が政府の諮問機関として参加してもらいたいほどである。

[関連リンク]
半可思惟
スラッシュドットジャパン
asahi.com
スポンサーサイト
  1. 2006/11/27(月) 11:43:21|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/526-9c8e308b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。