ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Google Earth」に歴史地図が追加


Googleの3D地図ソフト「Google Earth」のバージョン4.0.2416に、面白い機能が追加されたという。

なんと、「Google Earth」上に歴史の地図を展開することができるようになったのだ。

ヒストリカルマップを利用するには「Featured Content」から「Rumsey Historical Maps」を選択する。

MYCOMジャーナルZDNetによれば、地球(1790年)、北米(1733年)、米国(1833年)、ルイス&クラーク(1814年)、ニューヨーク(1836年)、サンフランシスコ (1853年)、南米(1787年)、ブエノスアイレス(1892年)、アジア(1710年)、東京(1680年)、中近東(1861年)、ウェールズ (1790年)、ロンドン(1843年)、パリ(1716年)、アフリカ(1787年)、オーストラリア南東部(1844年)などの地図が用意されているという。

ちなみに日本の1680年は江戸時代で、徳川綱吉が江戸幕府5代征夷大将軍となった年。

この地図が書かれた7年後に、有名な「生類憐みの令」が発令されたという。

一般人が衛星写真を見れるようなったきっかけでもある「Google Earth」が、今度は歴史を超えた、古くて新たな地球を見れるようにしてくれたわけである。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
「Google Earth」は「地球」という一つのテーマから、多くの方向へと発展しているソフトである。

「Google」の手がけるテーマは、壮大であるがゆえに、発展する形も大きい。

[関連リンク]
MYCOMジャーナル
ZDNet
スポンサーサイト
  1. 2006/11/14(火) 09:29:35|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:1
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

「Featured Content」から「Rumsey Historical Maps」

って無いんだけど(#/__)/ドテ
  1. 2006/11/16(木) 23:12:18 |
  2. URL |
  3. イトケン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/518-8ec0d0b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。