ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロイター」が「Second Life」内にニュース支局を開設


以前、このネットカルチャー概論の記事でも紹介した驚愕のゲーム「Second Life」内に、「ロイター」がニュース支局を開設した。

「Second Life」とは、アメリカでもっとも注目されている3Dバーチャルワールドである。

この世界の人々は、お店を経営したり、戦争をしたり、ダンスをしたりとにかくなんでもできることで有名である。

戦場で記者をする者がいたり、多くのユーザーに商品を売るビジネスマンがいたり、強盗や人さらいまでいる。

バーチャルワールドで稼いだお金は、現実世界に換金できるため、現実世界のためにお金を稼ぐユーザーもいる。

自分のプレイによって、多くの人たちが様々なことを考え、それがまた自分に作用してくるため、この「Second Life」は社会的なシュミレーションの場であるという考えを持つ人も多いほどである。

そのバーチャルワールドで起こったニュースをあの「ロイター」が収集・提供するというから驚きである。

「Second Life」のユーザーは、バーチャルワールド内で無料のヘッドアップディスプレイ「Reuters News Center」を持ち歩き、最新のニュースを入手することができるようになるという。

まさか世界の金融市場やメディア向けに幅広い情報やニュースを提供している「ロイター」が、仮想空間のニュースを扱うことになるなんて、誰が想像しただろうか。

おそらく「Second Life」は、どのゲームよりも高い目標である「バーチャルワールドの構築」を掲げているのだろう。

日本語版も公開間近のようなので、「Second Life」はこれからも世界に、そして日本に驚きを与えてくれるだろう。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
ゲーム世界の収入が、現実世界の収入になれば、現実とバーチャルの逆転が起こる。

ふつうゲーム内で悪いことをしても罪には問われないが、「Second Life」内で真剣にお金を稼いでいる人から、お金を盗んだり、商売の妨害をしたら、どのように事件になるのだろうか。

現実世界の価値と、バーチャル世界の価値が交互に行き交うようになることで、将来の生活は今まで以上に不思議なものになるかもしれない。

[関連リンク]
Second Life
Second Life 日本語
ロイター ニュース支局
スポンサーサイト
  1. 2006/10/17(火) 21:51:35|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/497-024b37bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。