ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「YouTube」とその競合他社たち


最近、「sony」が「YouTube」のライバル企業である「Grouper」を6500万ドルで買収した。

これに伴い、改めて「YouTube」の市場価値を考える流れがやってきている。

CNET Japanでは、「YouTube」が10億ドルの価値を持つことをほのめかす記事が掲載され、スラッシュドット・ジャパンでもその記事に対する討論がなされている。

これだけ「YouTube」は多くの場で注目される存在になっているのだが、一方では会社の収益が少ないことも明らかになっている。
全世界から動画を視聴するためのアクセスが絶えないため、通信費用がかさみ、首が回らない状態だという。

「首が回らない」だなんて、企業として根本的に危うい「YouTube」だが、やはりユーザーをひきつける動画の数々が、これからの動画配信サービスを動かす動機付けになり、「YouTube」の価値を支えているのだろう。

その結果が、「YouTube」が10億ドルの価値を持つという噂を支えているのではないだろうか。

動画配信という分野は、これからのネット業界で重要なポジションを占めてくるため、「Metacafe」や「REVVER」などの企業が、次の「YouTube」を目指してがんばっているようだ。

「YouTube」とその競合他社たちは、まだまだ収益モデルが確立していないため、手探り状態で今後の動画配信スタイルを作り出そうとしている。

Piyo Piyo Video banner1
「面白いこと」「楽しいこと」が先行して、お金を儲ける方法が浮かんでいなかった「YouTube」であるが、まだまだこれからの展開が気になるところだ。

ちなみに、「Piyo Piyo Video」もよろしくお願いします。


【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
Piyo Piyo Videoは、これからも多くの動画配信サービスに対応していく予定です。

[関連リンク]
YouTube
Grouper
Metacafe
REVVER
Piyo Piyo Video
スポンサーサイト
  1. 2006/08/30(水) 12:02:30|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/468-131e2c53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。