ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple社が上場廃止の危機に


Apple Computerが米証券取引委員会(SEC)の規定に違反していたため、NASDAQから警告書を受け取っていた。

Apple社はストックオプションの付与を受け、SECへの四半期報告書の提出が遅れていたらしいのだ。

そもそもストックオプション制度とは、なんだろうか。

ストックオプション制度とは、会社が従業員などに対して、あらかじめ定められた金額で、会社の株式を取得することのできる権利を与えることを言う。

株価が上昇した時点で権利行使を行い、会社の株式を取得し、売却することによって、従業員たちにも報酬を与えようという制度だ。

NASDAQに上場する企業は、定期的にSECに報告書類を提出することが義務付けられていたようだが、Apple社はストックオプション制度を利用した不正な付与に関する調査を行っていたために、提出が遅れていたようだ。

ITベンチャーなどではよく耳にするストックオプション制度であるが、大きな企業でも不正な利用があるということは、Appleだけでなく、別の企業たちも怪しい点があるのかもしれない。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
とにかくApple社には、IT企業の見本となるような資金運営をしてほしいものである。

[関連リンク]
CNET Japan
スポンサーサイト
  1. 2006/08/18(金) 10:03:40|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/457-314240b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。