ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のネット規制がより巧妙化


中国には、国家プロジェクトとして進めているネット規制システムが存在する。

その名も「金盾」というシステムだ。
このほど「金盾」はバージョンアップし、機能の増強が図られたようだ。

中国の検閲をより厳しくするためか、中国国民の目にさらしたくない情報を遮断するための「検閲対象用語」をより増量した。

また恐ろしいことに、この「金盾」はパソコンのIPアドレスごとに、アクセス履歴を解析しているというのだ。
このアクセス履歴から、そのユーザーの政治的傾向を分析した上で、接続の可否を判断する方式をとっているらしい。

「金盾」のバージョンアップの背景には、おそらく「Maxthon」の影響があるのではないだろうか。

「Maxthon」とはプロキシ機能を持つ中国製フリーウエアブラウザである。
このソフトは過剰なネット広告のフィルタリング機能が売りのようだが、一方では中国のネット検閲をすり抜ける能力を持っており、中国ではとても人気を呼んでいたのだ。
中国のネットユーザーの17%以上が、この「Maxthon」を利用しているとのこと。

これほどまでに厳しいネット検閲を持つ中国。
多くの検索エンジン企業も手を焼いているようである。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
情報を自由に手に入れる国に生まれてしまった私たちにとって、中国のような情報規制のある国の状況を、あまり想像できないのではないだろうか。

[関連リンク]
Sankei Web
スポンサーサイト
  1. 2006/07/26(水) 13:24:13|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/439-a5230391
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。