ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Winny」作者に懲役1年求刑


いま日本でもっとも話題のソフト「Winny」の作者である金子勇氏が、著作権法違反幇助の罪で懲役1年が求刑となった。

朝日新聞によれば、検察側は「Winny」の様々な問題点を挙げ金子氏の罪の重さを主張した。
「違反行為を助長するためにつくられており、著作権者の利益を無視した身勝手極まりない犯行」
「高度の匿名性で(利用者に)摘発を免れ得るとの安心感を与えた」
「インターネット社会での無政府状態を引き起こすもので、社会的影響は深刻だ」
以上が主な罪の理由である。

金子氏は、「開発は技術的な興味からで、著作権侵害の意図はない」と無罪を主張している。

しかし、著作権を無視したコピー製品を、いとも簡単に世の中に配布してしまう「Winny」の威力はすさまじい。
ソフトウェアを製作した者が罪か、利用した者が罪かはわからないが、問題の多すぎるソフトなのではないだろうか。

以前、ネットカルチャー概論でも触れたが、今月あたりから、著作権団体が「Winny」を利用しているコンピューターのIPを特定するソフトウェアを運用することになっている。

ネットエージェントによれば、いまだに2006年7月1日のノード数は47万1449,7月2日のノード数は48万1359となり、ゴールデンウィークの時期から大きな増減はなく推移しているらしい。

金子氏は懲役になり、これから「Winny」に対して多くの規制も入る、その上「Winny」ネットワークには「Antinny」などのウイルスも蔓延しているが、それでも多くの人々は使い続けるのだろうか。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
「Winny」は問題の多いソフトなので、「Winny」で身を滅ぼすことにならないようにしていただきたい。

[関連リンク]
朝日新聞
ネットカルチャー概論 「Winny」の著作権侵害ファイルを保有するIPが特定可能に
スラッシュドット ジャパン
スポンサーサイト
  1. 2006/07/04(火) 10:51:57|
  2. ニュース|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:2
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

はじめまして。ほりりんこと、ほりあてくんです。
うちのブログにトラックバックありがとうございます。

ただ、一言言っておきたいのは、冒頭2行で、「懲役1年」が確定したかのように書かれているところ。
検察側が「求刑」しただけですよ、と。

P2Pソフトの開発で起訴されているのは世界でこの件のみ。
どう決着がつくのでしょうか。

1.金子氏ひとり。つるし上げのためだけの判決
2.違法ファイルをアップロードした(実際の著作権侵害)ユーザー
3.同、違法ファイルをダウンロード利用したユーザー
 (岡山・熊本県警、自衛官その他含む)
4.「Winnyで○○ぶっこ抜き」などのタイトルで、著作物を違法ダウンロードできることを世間に知らせた出版社
  1. 2006/07/04(火) 22:55:56 |
  2. URL |
  3. ほりりん #-
  4. [ 編集]

訂正いたしました。

ご指摘があったので、「となった。」ではなく、「が求刑となった。」に訂正いたしました。

P2Pソフトの中では、Napsterがレコード協会のようなところから提訴されておりました。
GnutellaもAOL社が一時公開しておりましたが、大慌てで非公開になりました。
Winnyもすでに作者がわかっている以上、これらのソフトのような責任を負うことになるのでしょう。

もし金子氏を警察が逮捕せず、事件に発展せずとも、金子氏を訴えたい団体や個人は多くいるはずですので、これから金子氏はとても大変な目に遭うのかもしれません。

もし「知の共有」という意味で、有益な情報を集めるだけならば、「LifeHack」のようにクリーンな形で集められれば、誰もが便利になるように思います。
  1. 2006/07/06(木) 01:33:00 |
  2. URL |
  3. Toshi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/424-45902bd1

元東大助手に懲役1年求刑 ウィニー事件で検察側

ファイル交換ソフト「ウィニー」を開発し、著作権法違反ほう助の罪に問われた元東大助手金子勇被告(35)の論告求刑公判が3日、京都地裁(氷室真裁判長)で開かれ、検察側は懲役1年を求刑した。
  1. 2006/07/05(水) 08:15:04 |
  2. 気になること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。