ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の「ソフトウェア違法コピー率」が発表


ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は、2005年1月から12月の期間における、全世界PCソフトウェアの違法コピー状況を調査したようだ。

これは「第3回BSA・IDC世界ソフトウェア違法コピー調査」という名前の調査で、各国の「違法コピー率」とその損失額を調べたものだ。

いろいろなランキングがあるが、それぞれ主要なところを見ていこう。

高コピー率の国は以下のようなランキングになっている。

ベトナム : 90%
ジンバブエ : 90%
インドネシア : 87%
中国 : 86%
パキスタン : 86%
カザフスタン : 85%
ウクライナ : 85%
カメルーン : 84%
ロシア : 83%
ボリビア : 83%



低コピー率の国は以下のようになっている。

米国 : 21%
ニュージーランド : 23%
オーストラリア : 26%
フィンランド : 26%
デンマーク : 27%
ドイツ : 27%
スウェーデン : 27%
スイス : 27%
イギリス : 27%
日本 : 28%



また、違法コピーによる損失額の高い国ランキングは以下の通りである。

米国 : 6895百万ドル
中国 : 3884百万ドル
フランス : 3191百万ドル
ドイツ : 1920百万ドル
イギリス : 1802百万ドル
ロシア : 1625百万ドル
日本 : 1621百万ドル
イタリア : 1564百万ドル
カナダ : 779百万ドル
ブラジル : 766百万ドル



低違法コピーでも、そのソフトウェアの単価が高い場合は、大きな被害をもたらすのだろう。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
違法コピーによって、ソフトウェア企業の商品が売れなくなると、企業は潰れてしまう。
好きなソフトウェアを大切に思うならば、きちんと購入して利用することが重要である。

[関連リンク]
CNET Japan
スポンサーサイト
  1. 2006/05/24(水) 17:02:39|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:1
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

貴サイトのダウンロードぺーじからきました♪
けっこう貴重な情報がたくさんありますね。
  1. 2006/05/24(水) 19:17:39 |
  2. URL |
  3. スィルク・パルメ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/393-ca5b6698
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。