ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Google ブック検索」が年内にも開始


5月11日、googleは書籍の内容を全文検索できるサービス「Googleブック検索」を国内で開始する準備を始めたことを明らかにした。

著作権の問題が山積みのこのサービスは、出版社のパートナー向けにWebページを設置し、「Googleブック検索」に同意してもらえる企業を集めているようだ。

もうすでに、オンライン・ブックショップの最大手である「amazon」が、本の中身を少し閲覧できる「なか見!検索」をスタートしているので、この手のサービスに進出するのは業界で2番目ということになるだろうか。

以前は、アメリカの図書館にある眠った蔵書を片っ端からオンラインで読めるようにすると、意気込んでいたgoogleであったが、そのようなサービスを受け入れられない出版社や著作者が多くいるため、初めから山あり谷ありのプロジェクトであった。
しかし、今回の発表である程度の見込みができ、またgoogleに新しい機能が追加されることになるわけである。

リアル世界の情報を、すべてインターネット上に実現する日がまた近くなった。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
極端に便利なことをしようとすると、本の著作者や出版社など、他の人の領域を侵すこともあるので、やはり情報を扱うのは難しい問題である。

[関連リンク]
@IT
スポンサーサイト
  1. 2006/05/16(火) 11:47:12|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/386-28b2a350
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。