ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の「ワンセグ」を理解する


最近、携帯電話でもテレビ番組が見れるという「ワンセグ」が話題になっている。
出先でも野球中継が気になったり、明日の天気をチェックすることができるので、便利なことは便利だが、はたして「ワンセグ」とは何なのか。

2006年4月1日に本放送を開始した「ワンセグ」は、地上デジタル放送「ISDB-T(integrated service digital broadcasting-terrestrial)」を使った携帯機器向け放送サービスの一般的名称のようだ。

ISDB-Tでは、6MHzの放送波を13個の帯域に分割し、その1つ1つの帯域を「セグメント」と呼んでいる。
「ワンセグ」では、この「セグメント」を1つ利用して、QVGA(320×240画素)の画像を送出していることから、「ワンセグメント」→「ワンセグ」と呼ばれているようだ。

現在、「ワンセグ」を利用した動画番組の配信を考えている業者がたくさんいる。
ただ、「ワンセグ」を利用した人々がどのチャンネルを見ているのか、実際の視聴率がわからないために、少しだけ「ワンセグ」の実状を把握できないでいる。

しかし、これからサッカーのワールドカップも「ワンセグ」で見れるようになるはずなので、「ワンセグ」の将来には期待したいものだ。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
「ワンセグ」だけでなく、公衆無線LANもどんどん整備されていけば、外出先で様々なことができるようになる。
「外」向け用のコンテンツを狙って、多くのサービスがこれからもますますできてくるかもしれない。

[関連リンク]
Tech-On!
スポンサーサイト
  1. 2006/05/08(月) 11:44:46|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/379-b16236c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。