ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロチップが埋め込まれたペットが販売開始


ペット販売会社の「ワンニャン村」では、これから販売するペットたちに、個体識別番号が入力されたマイクロチップを埋め込むことを開始した。

近年、ペットブームの裏で、多くの捨て猫や捨て犬が増加している。
これを防ぐためにも物言わぬペットたちに、あらかじめ身分証明書となるマイクロチップを埋め込むことで、問題を解決しようという試みだ。
ペット引き渡しの際にマイクロチップを五千円で埋め込み、無料で登録手続きを行うことで、飼い主としての責任を明確にできるのである。

チップには、国、メーカー、動物種、個体識別番号が書き込まれている。
個体識別番号を日本獣医師会が中心になって設立した団体「AIPO(動物ID普及会議)」に登録しておけば、保健所などで専用の読み取り機でチェックすることができる。


埋め込まれるマイクロチップは、直径約2ミリ、長さ約11ミリの円筒形カプセルに包まれた電子標識。
これをペットの背中に皮下注射をして埋め込むことで、センサーにも反応するようにできているようだ。
臨床試験でも、ペットにほとんど負担をかけないことが立証されているらしいが、少しかわいそうなイメージはぬぐえない。

しかし、マイクロチップを埋め込むことで、災害時に愛するペットとの生き別れを防ぐこともできるため、悪い点ばかりではないようだ。

今回の場合はペットの管理のためにマイクロチップを利用したケースであるが、最近ではJRのスイカなどで利用されるRFID技術が人間のプライバシーを侵害する恐れがあると訴えられている。
特に極小のRFID技術も存在するため、知らないうちに洋服に付いたRFIDで、情報のやりとりが行われる可能性も高い。
ある団体では、「RFIDは獣の刻印である」とした声明を発表しているところもあるため、これからこの問題はより深刻になっていく可能性がある。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
町中にマイクロチップの読み取り機があれば、ペットの居場所がすぐにわかって面白い。
しかし、人間にマイクロチップが装着してあった場合は、プライバシーの侵害になるので実現は難しいだろう。

[関連リンク]
CNET Japan
Hotwired News
スポンサーサイト
  1. 2006/04/12(水) 16:49:19|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/358-42817321
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。