ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

VMwareが規格を無償公開


Windows上で別のOSをエミュレートできるソフトウェア「VMware」が、仮想マシン環境の定義とフォーマット設定に使用されるディスクフォーマットの規格を無償で公開することになった。

これまで、Windows機を1台持っているんだけど、どうにかしてLinuxを動かしてみたい人にとって、「VMware」はとても貴重なものであった。
「VMware」などの仮想化ソフトを利用すれば、別の機体をもう1台用意することなく、Windows上で別のOSを起動することができるからである。
特に「VMware Player」が無償公開されてからは、高度な仮想化技術を簡単に利用できるとあって、利用者が増えていたところだ。


「VMware」は、Microsoftの「Virtual PC」やSymantecの「LiveState Recovery」のディスクイメージなどとも互換性があり、Workstationなどと同じくネットワーク機能にも対応する。

今回の規格の公開によって、「VMware」に対応できるOSが増加し、よりいっそうエミュレートできるOSの幅が増えてくるはずだ。
他の仮想化ソフトを差し置いて、ユーザーの使い勝手を意識した規格の公開によって、よりいっそうユーザーが増加するはずである。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
いま仮想化技術はブームであるので、これからもWindows上で別のOSを動かしているとは思えないほどの処理速度を実現してほしいところである。

[関連リンク]
VMware
VMware Player
規格の無償公開
スポンサーサイト
  1. 2006/04/06(木) 10:26:58|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/353-d13dbc2a

VMware ServerとVirtual Server(MS)

VMware Server(今のところベータですが)とMSのVirtual Serverが無料で利用できるようになりました。MSDNのライセンスを持っているので、Virtual Serverは前から使える状況なのですが、ヘソ曲がりな私はVMware ServerでMSCSクラスタの構築にチャレンジしています。MSCSクラ
  1. 2006/04/07(金) 00:18:57 |
  2. Split Brain
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。