ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で人気のバーチャルワールド「Second Life」


いま海外では、日本に存在しないようなゲームが流行している。

それは「Second Life」という、まったく制約のないバーチャルワールドを舞台にしたオンラインゲームである。
まず、この世界では決められたストーリーはなく、自分たちでどんな自由なことをしても良いのが特徴だ。
様々なプレイヤーが互いに作用しあいながら、この世界は成り立っている。

モノを作って、売買するプレイヤーも多くいる。
なかには、自分で作ったブランドの洋服が大人気になり、ブランドのオーナーとして商売をしている者もいる。
商売が繁盛すると、リアル世界以上に稼ぐことができるようになったプレイヤーもしばしばいるようだ。

土地を購入して、家を建てることもできるし、空飛ぶタクシーに乗って旅行に出かけることもできる。
ダンスをしたりスカイダイビングをするプレイヤーもいる。
西部の開拓時代を思わせるような舞台で、流れ者のガンマンとしてプレイ(動画)することもできる。
悪い連中とチームを組んで、街の不良としてプレイすることもできる。

自分のプレイによって、多くの人たちが様々なことを考え、それがまた自分に作用してくるため、この「Second Life」は社会的なシュミレーションの場であるという考えを持つ人も多いようだ。

あるプレイヤーが戦争支持のポスターを壁に貼ると、別の平和主義のプレイヤーが戦争反対のポスターを貼るようになる。
また、あるプレイヤーが広大な土地を占有し、「侵入者は殺す」と脅せば、危険を察知した誰かが、近くにガン・ショップを開店し、大儲けすることもある。

「Second Life」では、一貫した世界観を押し付けないことで、プレイヤーたちが思い思いの世界を構築できるのである。
世界中の人々が参加することで成立するという意味では、「Wikipedia」などの流れにも似ているが、「Second Life」はゲームであるので、正しく記事を加筆しなくてはいけない「良心」や「技術」は必要ない。
このゲームへの参加は無料で、土地を購入する際にはリアル世界のお金が必要だ。
また、現在は英語でプレイする必要があるが、日本語クライアントの開発が進んでいるようだ。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
日本にもこのようなゲームができないものか。

[関連リンク]
Second Life
スポンサーサイト
  1. 2006/03/30(木) 15:24:30|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/346-b325fae9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。