ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

百科事典のブリタニカが「Wikipedia過大評価」と抗議


ネット上には、ボランティアのみで製作されたオンライン百科事典「Wikipedia」というものが存在する。
この「Wikipedia」の記事を校正するためには特に資格が必要なのではなく、誰でも加筆をすることができ、ネットの善意で運営されている。
プロが百科事典を製作しているわけではないので、多少の誤りもあるかもしれないが、本屋に売られている百科事典でも誤字脱字があるので、品質的にはさほど問題はない。

この「Wikipedia」に対して、以前、英科学誌「ネイチャー」が「オンライン百科事典のWikipediaとブリタニカは、正確性で互角」という内容の記事を報道した。
「Wikipedia」が「ネイチャー」からお墨付きをいただいたのである。


このことに関して、百科事典の大手「ブリタニカ」が抗議し、その記事の撤回を要求した。
そこのことは20ページにわたるPDFファイルに記されている。
調査方法などに問題があり、そのような結果がでたことを強く主張した。
しかし、「ネイチャー」も黙ってはいられず、その抗議に対する反論をPDFファイルで発表した。

「Web 2.0」や「オープンソース」のブームは、ソフトウェア・ベンダーやWebサービスの分野で熾烈な争いを巻き起こしているが、「Wikipedia」と「ブリタニカ」のような知識を問う分野にも、この波及は及んでいるようである。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
「Web 2.0」や「オープンソース」の精神には、素晴らしい力が存在する。
ネットの善意で「Wikipedia」が成り立っていることは、これからも注目に値することであろう。

[関連リンク]
Wikipedia
HotWired Japan
スポンサーサイト
  1. 2006/03/28(火) 09:50:25|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/344-04b290a8

正確・不正確

当然ながら、ブリタニカは「ブリタニカの立場」で書かれてる訳で・・・。 「Wikipediaはブリタニカ並みに正確」記事に反論
  1. 2006/03/28(火) 14:02:15 |
  2. もりもりもりあがる雲へ歩む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。