ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

映画版「電車男」のDVDが発売


映画化、ドラマ化、マンガ化、舞台化までした今年の人気作「電車男」の映画版DVDが、とうとう発売されることになった。

「電車男」とは、巨大掲示板郡「2ちゃんねる」の書き込みから発展したラブストーリーで、ヲタク青年が電車で出会った女性と恋に落ちる話である。
電車内で酔っ払い中年から若い女性を救った、22歳のヲタク青年が、電車で助けたその女性からのお礼で、高級ブランド「エルメス」のティーカップをもらうも、どうしていいかもわからない。
困った彼は、そのお礼のお礼に彼女をデートに誘うべく、モテない男達が集うインターネットサイトに助けを求めることからすべては始まる。


DVDには「スタンダード・エディション」と「スペシャル・エディション」の2種類があるようで、「スペシャル・エディション」には、ショートフィルム「戦車男」、メイキング、ダイジェストプロモーション映像などを収録した特典ディスクが付属するようだ。

さてさて、ところで秋葉原の詳しい情報がキャッチできる「アキバblog」さんの情報によれば、以下のようなことが秋葉原のPOP広告に書かれていたようだ。

一、真実のヲタは美女がからまれていても、手元のPSPから目を離しません。
一、そもそも真実のヲタは、3Dに欲情しません。


実際に、真実のヲタクは2D、言い換えればアニメやマンガなどのキャラクターに「萌え」るものなので、たとえがんばっても3DのCGキャラクターまでが限界のようである。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
「電車男」は映画館でチケットを買う際、「ヲタク1枚」と言うと「ヲタク割引」を受けることができたが、さすがにDVDにそのような特典はないだろう。

[関連リンク]
電車男 スタンダード・エディション
電車男 スペシャル・エディション
スポンサーサイト
  1. 2005/12/09(金) 11:06:44|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:5|
  4. コメント:1
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

TBありがとうございました!
また遊びに来ますね。
  1. 2005/12/11(日) 19:17:51 |
  2. URL |
  3. hao #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netcal.blog7.fc2.com/tb.php/274-1b8550cc

映画 電車男 DVD

電車男 スペシャル・エディション電車男 スタンダード・エディション 映画版 電車男のDVDが発売されましたねードラマ版と映画版どっちが売り上げ上なんだろう・・・→ クリックしてね
  1. 2005/12/09(金) 18:20:59 |
  2. TAKAのブログ

■映画 「電車男 スペシャル・エディション」

山田孝之&中谷美紀の映画版のほうです。初回限定特典として…
  1. 2005/12/10(土) 05:08:03 |
  2. 限定版大好き!Blog

■【TVドラマ版】 電車男 DVD-BOX 特典が判明!

そしてこちらは伊東美咲+伊藤淳史主演のTVドラマ版のほうです。封入特典の内容が判明しました。
  1. 2005/12/10(土) 05:12:49 |
  2. 限定版大好き!Blog

電車男 映画DVD 2005年12月9日発売

電車男 映画DVD スペシャル・エディション ★初回限定封入特典:ブックレット「電車男本」 ★スペシャルケース仕様 ★DVD2枚組仕様 <収録内容> 【DISC-1】:「スタンダード・エディション」 【DISC-2】:特典DISC ●シ...
  1. 2005/12/11(日) 02:44:46 |
  2. 電車男情報局

返却不要レンタルビデオ

レンタルビデオっておてがるで便利ですよね。だけど、ついつい返すの忘れたり、忙しくって返せなかったりして延滞料を払ったりすることもしばしばありますよね。
  1. 2005/12/24(土) 09:47:40 |
  2. レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。