ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

日本製「Second Life」の「splume」に注目


最近、世界中で「Second Life」などの仮想世界を扱うソフトウェアが注目されているが、日本においても3Dアバターを使った仮想世界「splume(スプリューム)」が注目されている。

「Second Life」の場合は、リンデンラボの用意するレンタルサーバーを借りることで自分の土地を所有することが可能になるために、容易に自分の空間を手に入れることは困難であった。

しかし、「splume」の場合は、ユーザーが自分のWebサーバに独自の空間を開設することができるため、「Second Life」よりは比較的手軽に自分の空間を所有することができるという。

他のユーザーの開設した空間と、自分の空間とをつなげることもでき、インターネットのハイパーリンクのように「splume」ネットワークを構築できるようになる。

ユーザーは既存の3Dオーサリングソフトを用いて、空間上のモノを作ることができ、ユーザー間で自由に取引することが可能になようだ。

「splume」の利用料金は無料で、「CRブラウザ」という専用ブラウザを使って3D空間を旅行することができるようになる。

しかし、既に「Second Life」は仮想空間上に様々なインフラが整っているので、試作版の「splume」がどれほど機能面で追いつけるかはわからない。

「Second Life」の日本語バージョンが上陸する前に、どれほど「splume」がシェアを奪えるのかが重要だろう。
【“日本製「Second Life」の「splume」に注目”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
スポンサーサイト
  1. 2007/03/21(水) 16:55:59|
  2. ニュース|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。