ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Winny」開発者に有罪判決、被告側は控訴へ


P2Pによって多くの人たちとファイル共有ができるソフト「Winny」による著作権法違反幇助の罪に問われた金子勇氏の判決公判が開かれ、罰金150万円の有罪判決が言い渡された。

「Winny」はいろいろなファイルを共有できるという機能のため、そのネットワーク上では著作権違反のファイルが広く通信されるという一面を持つ。

判決では検察側の「著作権法違反の蔓延を積極的に意図した」という主張は退けたが、違法性を認識しつつ開発・公開を続けたことから罰金150万円の有罪としたようだ。

いろいろな側面から見たときに、包丁を作った者は罪に問われないが、包丁で人を危めてしまえば罪に問われることを例えにする意見や、これからの日本のソフトウェア開発が滞ってしまうと危惧する意見、しかしやはり大多数に著作権違反のファイルが出回ってしまうことは意図していたはずという意見など、様々な意見が飛び交っている。

著作権のあり方とソフトウェア技術がからまった事件は、その判決の行方が非常に難解であるだけに、いろいろな意見があって当然だろう。

ちなみに「Winny」の作者である金子氏は控訴する予定である。
【“「Winny」開発者に有罪判決、被告側は控訴へ”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
スポンサーサイト
  1. 2006/12/14(木) 12:02:34|
  2. ニュース|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。