ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始のブログの運営

ahiru01s.jpg
明日からこの「ネットカルチャー概論」はお休みさせていただきます。

おそらく次の更新は来年になることと思います。

私はこの休み中に、海外へ飛びます。

海外へ行き、このブログの方針や、新たな企画、本来あるべき情報のありかた、インターネットの可能性を模索してきます。

異文化に触れることで、新鮮な刺激を受けることになり、良いインスピレーションを得ることができるでしょう。

みなさんも残りわずかになった2006年を豊かに過ごせますよう、また、来年2007年が良い年でありますよう、心より願っております。
【“年末年始のブログの運営”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
スポンサーサイト
  1. 2006/12/22(金) 01:47:51|
  2. お知らせ|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年「Google」日本語検索ランキング発表


2006年1月1日から12月15日までの間に、「Google」で検索されたキーワードを集計したランキングが発表された。

総合ランキングでは「地図」「翻訳」「辞書」など実用系が強い傾向は変わらないが、固有名詞での検索が増加している傾向があるそうだ。

以下がそのランキングの10位までの詳細だ。

1位 地図
2位 翻訳
3位 辞書
4位 動画
5位 ほしのあき
6位 天気予報
7位 au
8位 価格
9位 郵便番号
10位 倖田來未



一般的な名詞よりも、「ほしのあき」や「倖田來未」のような固有名詞が増加してきた影には、多くの人たちが「検索する」という行為に慣れてきた背景があるようだ。

何か知りたいことがあったときに、「じゃあインターネットで調べよう」という流れが定着しており、そのまま知りたいキーワードをピンポイントで検索するようになってきたということだ。

最近では「au」の携帯電話でも「Google」が使えるようになったので、これからは出先で「地名」や「店名」などを調べる方も増加する可能性があるだろう。
【“2006年「Google」日本語検索ランキング発表”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/21(木) 14:00:26|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Google」と「NASA」が提携


これまでも「Google Moon」などで、「Google」に対してデータによる情報提供をしてきた「NASA」であったが、このほど本格的に技術・情報における提携をしたようだ。

NASAエイムズリサーチセンターと米Googleは、民間企業と提携して共同作業を行なうための「Space Act Agreement」という提携を正式に締結したのだ。

共同プロジェクトの第一段階として、「NASA」が公開しているデータに、一般の人々がインターネット経由でアクセスし活用する方法を検討しているようである。

例として、気象データのリアルタイム映像化や予測、月や火星の高解像3Dマップ、国際宇宙ステーションやスペースシャトルのリアルタイム・トラッキングなどを挙げている。

今、世界の天才が集まるところといったら「Google」か「NASA」か、という印象が強かったが、その2つの組織が手を組むとは素晴らしいことではないだろうか。

「NASA」が所有する膨大なデータを「Google」と共に共有することで、これまでに実現できなかった多くの技術や新たな発見を世界の人々にも提供できるはずである。
【“「Google」と「NASA」が提携”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/20(水) 11:43:38|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Amazon」が「OTAKUストア」を開設


最大手オンライン・ブックストアの「Amazon」が、アニメやマンガ、フィギュア関連専門の商品を集めた「OTAKUストア」を開設した。

アニメやコミック関連の書籍、DVD、ゲーム、フィギュアなどの商品を合計3万点以上取り揃えている。

「涼宮ハルヒの憂鬱」や「魔法先生ネギま!」などのタイトルから検索するも良し、「庵野秀明」や「大友克洋」や「押井守」などの監督・著者名で検索するも良し、かゆいところに手が届くインターフェイスになっているようだ。

また、「フィギュアバーゲン ALL 30% OFF~」なんていう広告もあるため、「Amazon」を利用して安くアニメ関連商品をゲットするのもいいかもしれない。

ちなみに「楽天市場」にも同様の商品を扱った「もえもえ市場」が存在する。

もはや、このような「ヲタク市場」は無視できない規模に成長しているため、ヲタクの生息地であるオンライン上に店を構えることは必須なのだろう。
【“「Amazon」が「OTAKUストア」を開設”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/19(火) 01:30:45|
  2. ヲタクカルチャー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Second Life」の登録ユーザーが200万人達成

second_life_3.jpg
日本語版のリリースを来年に控えている「Second Life」の登録ユーザー数が、なんと200万人を達成したようだ。

現在、仮想空間「Second Life」は日本においても様々なメディアで取り上げられ、このネットカルチャー概論でさえも多くの記事を書いている。

登録ユーザー数が200万人を達成したのは米国時間12月14日のことで、現在の数は200万1551人となっているそうだ。

しかも驚くべきことは、8週間前はこの半分程度のユーザー数で、ここ最近になって一気にユーザー数が上昇し、この数字に至ったのだ。

ここに新しいモノ好きの日本人ユーザーが流れ込んできた場合、果たしてユーザー数はどれほど上昇するのであろうか。

「Second Life」日本語版がでるのが楽しみである。
【“「Second Life」の登録ユーザーが200万人達成”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/18(月) 13:41:49|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年IT業界で話題の言葉1位は「Web 2.0」


ランキングのポータルサイト「ランキングジャパン」の行った「IT業界で働く人が選ぶネット話題語ランキング 2006」によれば、2006年最も話題に上った言葉は「Web 2.0」のようだ。

その他は、何かと話題に上がった「YouTube」や、今年東証一部に上場した「mixi」なども上位にランクイン。

また、携帯電話業界の勢力分布を塗り替えることとなった「番号ポータビリティ(MNP)」もランクインしている。

その他のランキングは以下のようになる。

1位 Web 2.0 76.4%
2位 YouTube 75.8%
3位 mixi 70.2%
4位 SEO 62.9%
5位 番号ポータビリティ(MNP) 62.4%
6位 Google 60.7%
7位 SNS 60.1%
8位 ロングテール 55.6%
9位 口コミ・バイラル 55.1%
10位 ワンセグ(ワンセグケータイ・放送) 50.6%
11位 iPod 50.0%
12位 ウェブ進化論 47.8%
13位 IE7 44.9%
14位 ドロップシッピング 40.4%
15位 Gyao 39.3%
16位 RSS 38.8%
17位 Yahooケータイ(ソフトバンク) 37.6%
18位 ブログ炎上 32.6%
19位 Wikipedia 30.3%
20位 ライブドアショック 29.8%



そういえば「ライブドアショック」も今年だったっけ、と、ついつい昔のことのように思えてしまう。

来年のインターネットでは何が流行するのだろうか、いまからとても楽しみである。
【“2006年IT業界で話題の言葉1位は「Web 2.0」”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/15(金) 11:46:07|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Winny」開発者に有罪判決、被告側は控訴へ


P2Pによって多くの人たちとファイル共有ができるソフト「Winny」による著作権法違反幇助の罪に問われた金子勇氏の判決公判が開かれ、罰金150万円の有罪判決が言い渡された。

「Winny」はいろいろなファイルを共有できるという機能のため、そのネットワーク上では著作権違反のファイルが広く通信されるという一面を持つ。

判決では検察側の「著作権法違反の蔓延を積極的に意図した」という主張は退けたが、違法性を認識しつつ開発・公開を続けたことから罰金150万円の有罪としたようだ。

いろいろな側面から見たときに、包丁を作った者は罪に問われないが、包丁で人を危めてしまえば罪に問われることを例えにする意見や、これからの日本のソフトウェア開発が滞ってしまうと危惧する意見、しかしやはり大多数に著作権違反のファイルが出回ってしまうことは意図していたはずという意見など、様々な意見が飛び交っている。

著作権のあり方とソフトウェア技術がからまった事件は、その判決の行方が非常に難解であるだけに、いろいろな意見があって当然だろう。

ちなみに「Winny」の作者である金子氏は控訴する予定である。
【“「Winny」開発者に有罪判決、被告側は控訴へ”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/14(木) 12:02:34|
  2. ニュース|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「ガチャピン日記」の流行語大賞がムックの「ムムムムムムムムム」に決定


みんなの人気者ガチャピンが運営するブログ「ガチャピン日記」にて、ガチャピンとムックの流行語大賞の投票が行われていたようだ。

そして、その結果が、12月8日に同ブログにて発表された。

栄えある流行語大賞に選ばれたのは、ムックの「ムムムムムムムムム」となったようだ。

これは、ガチャピンがムックに対して「5文字だけ(ブログに)書いていいよ」と言ったときに、ムックが書いた「ムムムムムムムムム」という言葉に多くの関心が寄せられたことが原因らしい。

ガチャピン日記によれば、「革命的」「ムックの男気」「ユーモア抜群」など、9文字書いて自分をアピールしたムックに、たくさんの票が集まったという。

面白い言葉が選出されたことにも目が行くが、「5文字だけ(ブログに)書いていいよ」というムックに対するガチャピンのサディスティックな一面も新たな発見である。
【“「ガチャピン日記」の流行語大賞がムックの「ムムムムムムムムム」に決定”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/13(水) 14:04:29|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:3
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年の流行サイト「Million Dollar Homepage」創始者が新たなチャレンジ


2005年、「10ピクセル四方を100ドルで販売」をテーマに、「Million Dollar Homepage」というサイトが超人気広告サイトとして注目された。

自分のサイトのトップページを、10ピクセル×10ピクセルを1マスとして、1万マスに分割。

その後、1マスを100ドルの広告スペースとして売り出すことで、利益を得るというサイトだ。

斬新なシステムとアイデアで、このサイトは一気に有名になり、一ヶ月で15万ポンド(日本円で約3000万円)の利益を叩き出したのだった。

そんな「Million Dollar Homepage」の創始者Alex Tew氏は、とうとう新たな企画を打ち出したようだ。

新たなサイトは「Pixelotto.com」といい、やはり「サイトの分割」を行って、広告スペースを買ってもらうことが基本となっている。

そして、今回の企画で追加された新たなシステムは、「宝くじ」機能が付いたことだ。


自分をサイト閲覧者として登録し、サイト内の広告をクリックすれば、閲覧者は宝くじの抽選に参加する権利を得るというのだ。

すべての広告スペースが売り切れたとき、登録したサイト閲覧者のうちの1人が、抽選で100万ドルを手にすることになるという。

「宝くじ」機能が付いたことで、このサイトを見る価値がいっそう大きくなり、これまで以上の訪問者が見込めることになっているため、「Pixelotto.com」に広告を出す意味がまた大きくなるわけである。

一見単純なシステムであり、不思議なサイトであるが、莫大な利益を生むことは間違いない。

ちなみに、創始者のAlex Tew氏は22歳の若者である。
【“2005年の流行サイト「Million Dollar Homepage」創始者が新たなチャレンジ”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/12(火) 14:00:56|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「QuickTime」のアップデートが「マルウェア」と間違われる


ソフトバンクと手を組んで、日本にも進出してきた「MySpace」では、毎日猛烈に襲ってくるウイルスの攻撃から身を守るために、「QuickTime」のアップデートが「MySpace」のサイトからできるようになった。

「MySpace」上のそれぞれのホームページに、セキュリティアップデートの表示が出現し、インストールするように呼びかけている。

しかし、この表示を見て、多くの人々がこの広告を不振に思っているようだ。

なぜなら、「YouTube」でもそうなのだが、このところ「セキュリティアップデート」と名乗る悪質なマルウェアがたくさん登場しているからである。

自分のページに出現した知らない広告から「インストールしてね」と言われても、それがウイルスだった場合は大変な目に遭うため、その広告を見ても不振に思うだけなのである。

昔は親から「知らない人には付いて行かないように」とよく言われたものだが、「知らない広告にはクリックしないように」と言われる時代になったようだ。
【“「QuickTime」のアップデートが「マルウェア」と間違われる”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/11(月) 10:58:03|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年の「Web of the Year」が「Wikipedia」に決定


月刊インターネット情報誌「Yahoo! Internet Guide」が、2006年に最も人気のあったサイトに投票する「Web of the Year」の結果を発表した。

その結果、栄えある年間総合大賞を獲得したのは「Wikipedia」となった。

ちなみに「Wikipedia」をご存じない方のために説明をすると、このサイトは誰でも自由に編集・加筆が可能なご百科事典で、人々の集合知と善意によって成り立っているサイトである。

その他の賞を獲得したのは、以下のようなサイトたちであった。

年間総合大賞 : ウィキペディア
ネットレイティングス賞 : YouTube
話題賞 : YouTube
新人賞 : イザ!
ウェブ情報源 : ウィキペディア
コミュニティ : mixi
動画 : YouTube
エンターテインメント : ハンゲーム
音楽 : iTunes Store
地図 : Googleマップ
旅行 : じゃらん.net
ショッピング : Amazon.co.jp
ブログサービス : アメブロ
店舗検索 : ぐるなび
オンラインフォト・ストレージ : Yahoo!フォト
オンラインバンク : イーバンク銀行
オンライントレード : イー・トレード証券
コンピュータ : 窓の杜
検索 : Google
ニュース : NIKKEI NET
スポーツ : スポーツナビ
プロバイダ : Yahoo!BB



今年、何かと話題になった「YouTube」は、ネットレイティングス賞、話題賞、そして動画部門で1位を獲得した。

また、「Yahoo! Internet Guide」が主催の投票であるにもかかわらず、検索部門の1位が「Google」になってしまったことも、やや注目である。

一般的に日本人は「Yahoo!」のほうが好きなようであるが、今回の結果は「Google」に軍配が上がったようだ。

来年はどのような面白いサイトに注目が集まるのだろうか。

来年のインターネットも良い方向に進んでいって欲しいところである。
【“2006年の「Web of the Year」が「Wikipedia」に決定”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/08(金) 23:59:38|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:1
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

無線LAN共有サービス「FON」が日本進出

ヨーロッパやアメリカでユーザー数を伸ばしている無線LAN共有サービスの「FON」が、日本に進出してきたようだ。

「FON」はスペインで設立されたベンチャー会社で、「FON」が提供する無線ルータ「LaFonera」を自分の利用する回線に接続することで、ほかのユーザーが利用できるアクセスポイントを開設できるという無線LANの共有サービスだ。

「FON」のユーザー体系はなかなかユニークで、コンピューター業界の主要人物の名前に由来している。

まず、1つ目の種類は、「Linus」というユーザータイプで、ルータを購入して自宅に設置し、アクセスポイントを無料で開放するかわりに、他のユーザーが解放しているアクセスポイントを自由に利用できる。

2つ目は、「Bill」というユーザータイプで、ルータを購入し自宅に設置し、アクセスポイントを有料で開放するかわりに、ほかのアクセスポイントの利用が有料になる。

3つ目は、「Aliens」で、ルータを購入してアクセスエリアを開放するのではなく、有料でアクセスエリアを利用できる。

FON Maps」を見ると、まだまだ日本での普及はしていないようだが、「FON」の対応ルータ「LaFonera」は1980円とお得で小型なので、家にルータがなかった方には絶好のタイミングなのではないだろうか。
【“無線LAN共有サービス「FON」が日本進出”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/07(木) 11:38:26|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のサーチエンジン「百度(Baidu)」が日本進出


インターネットの世界では何かと「Google」が幅を利かせているが、そんな「Google」も中国市場だけは思い通りにいっていない。

実は中国のサーチエンジンの利用状況で、1位に輝いているのは「百度(Baidu)」というサイトである。

そのことについては、以前にもコチラの記事で触れたが、一時は中国のインターネットユーザーの8割以上が「百度」のウェブ検索を利用しているとも言われていたほどである。

現在では、「Yahoo!(雅虎)」や「Google(谷歌)」の影響もあって、「百度」の中国における検索エンジン市場シェアは6割以上を占めているようだが、依然として人気である。

そして、そんな「百度」が、来年にとうとう日本に進出してくるようだ。

新たに日本語によるWebサービスを増強することで、これからの日本におけるシェアを獲得していこうという計画だ。

「百度」の動画サービスは非常に充実しており、「九州梦网」、「動感央視」など30のサイトが合計4万もの動画ファイルを「百度」に提供している。

たとえ有料コンテンツがあったとしても、もともと物価の安い国だけに、1つの動画を20~40円程度で観賞することができてしまう。

これから、日本のシェアをどれだけ獲得できるのか、「百度」の戦略と日本人の反応に注目である。
【“中国のサーチエンジン「百度(Baidu)」が日本進出”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/06(水) 14:28:19|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

最新最速「スパコン」ランキング

通常のコンピューターよりも遥かに強力な演算処理能力を備えたコンピューターに、「スーパーコンピューター(スパコン)」というものがある。

1秒間に浮動小数点数演算が何回できるかを表す単位にFLOPS(フロップス)という単位があるが、これら「スパコン」では今のところTFLOPS(テラフロップス)単位で性能を評価している。

つい先日、今年の世界最速スパコン・ランキングが発表されたようなので、その結果を発表しようと思う。

1、BlueGene/L - eServer Blue Gene Solution … IBM
2、Red Storm - Sandia/ Cray Red Storm Opteron 2.4 GHz dual core … Cray
3、BGW - eServer Blue Gene Solution … IBM
4、ASC Purple - eServer pSeries p5 575 1.9 GHz … IBM
5、MareNostrum - BladeCenter JS21 Cluster PPC 970 2.3 GHz Myrinet … IBM
6、Thunderbird - PowerEdge 1850 3.6 GHz Infiniband Dell
7、Tera-10 - NovaScale 5160 Itanium2 1.6 GHz Quadrics … Bull SA
8、Columbia - SGI Altix 1.5 GHz Voltaire Infiniband … SGI
9、TSUBAME Grid Cluster - Sun Fire x4600 Cluster Opteron 2.4/2.6 GHz and ClearSpeed Accelerator Infiniband … NEC/Sun
10、Jaguar - Cray XT3 2.6 GHz dual Core … Cray



このランキングを見ても分かるが、1位を含めてIBM製がやや多くを占めている。

ちょっとまえまで、1位~3位のスパコンはすべてIBM社製であったが、今年は他社も「BlueGene」に負けないように、機能の増強をしたようだ。

ちなみに1位の「BlueGene/L」は、去年から機能の増強をしたわけでもないが、飛びぬけて性能が高いため、今年も1位をゲットしたようだ。

また、注目すべきは9位の「TSUBAME」である。

これは東京工業大学が生み出した日本国内でも最速のスパコンだ。

一昔前では、高エネルギー加速器研究機構の「量子色力学格子シミュレータ」や、海洋研究開発機構の「地球シミュレータ」が日本代表であったが、最近は「TSUBAME」が世界の強豪と戦っている。

日本の技術も世界に負けないよう、がんばらなくてはならない。
【“最新最速「スパコン」ランキング”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/05(火) 11:54:36|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「コミックマーケット71」のカタログが販売開始


ワールドワイドに注目されつつある日本のヲタク産業。

今年も、そのヲタク産業の中心と言っても過言ではない、「コミックマーケット71」がもうすぐ開催する。

12月3日には、冬コミのカタログも販売され、多くの人が購入しているようだ。

今年の表紙は、インターナショナルな位置づけを強調したのか、結城信輝氏によるアメコミ風のデザインになっている。

今年の「コミックマーケット71」は、12月29日(金)~31日(日)に開催される。

新年を冬コミで買ったものに囲まれて迎えるのも、今時かもしれない。
【“「コミックマーケット71」のカタログが販売開始”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/04(月) 10:55:22|
  2. テクノロジー|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Windows Vista」対応のウイルスが出現


これから一般にも広まっていくはずの次期Windows OS「Windows Vista」に対応したウイルスが、もうすでに発見されてしまったようだ。

Sophosによれば、今月の被害ワースト10に入ったマルウエアのうち、「Stratio-Zip」「Netsky-D」「MyDoom-O」の3種は、「Windows Vista」にも感染するという。

おそらく「Netsky-D」「MyDoom-O」は、以前からも各地で猛威を振るっていたと種類のウイルスであるが、たまたま「Windows Vista」でも同様のウイルスの挙動を見ることができたのだろう。

ウイルスの攻撃は留まることを知らず、あらゆるプラットフォームに乗り出してきては、問題を作る。

年末の忙しい次期なので、人に影響する風邪ウイルスにも気をつけて欲しいが、コンピュータ・ウイルスに気をつけて欲しい。
【“「Windows Vista」対応のウイルスが出現”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2006/12/01(金) 13:48:52|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。