ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

防衛庁がDellに5万6000台のPCを発注


4月13日、防衛庁は5万6000台以上のクライアントPC案件を発注したようだ。
この発表はDell側によるものであるが、どうやら防衛庁の秘密情報がWinnyネットワークに流出した問題から、大量のPCを発注することになったようである。

秘密情報がWinnyネットワークに流れたことによって、同じような過ちを繰り返さないためにPCを導入するようであるが、あまりにも発注PCの量が多い。
これはDellとしても最大規模の案件だそうだ。
陸上・海上・航空自衛隊の関連施設で業務用PCとして利用すると公表している。


内訳は、デスクトップPC「Dell Optiplex」シリーズ(15インチ液晶モニタ付)が3万2000台以上とノートブックPC「Dell Inspiron」シリーズ2万4000台以上。

Winnyなどのファイル共有ソフトの起動禁止設定や、ウイルス対策ソフトによる検知削除機能などを備えることも要求しているようだ。

防衛庁の秘密文書がインターネット上に流れてしまうということは、国の防衛に関わることであるため、最悪の場合、国家の危機を招いてしまうことになる。

そういう意味でも、これから官庁のPCはとりわけセキュリティ問題に取り組まなければ、これからの時代は大変な目に遭うだろう。

ちなみに写真はDellではなく、「TSUKUMO」の「eMachines」と、Hewlett-Packardのノートパソコンである。
ともに、74,800円と79,980円で、信じられないほど安い。
性能は充実しているのにここまで安くなるなんて、近年のPCの低価格化には驚きである。
【“防衛庁がDellに5万6000台のPCを発注”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
スポンサーサイト
  1. 2006/04/14(金) 11:43:45|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。