ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本ブログ協会」と「Gmail」のサイトに脆弱性


今日は2つのサイトに発見された脆弱性について、取り上げたいと思う。

1つ目は、先日、この「ネットカルチャー概論」でも取り上げた「日本ブログ協会」の公式サイトに見つかった脆弱性だ。
「日本ブログ協会」は、誰でも自由にブログ協会に登録できるように、公式サイトでは登録フォームを設置していた。
しかし、その登録フォームの脆弱性によって、「日本ブログ協会」の個人情報が外部からアクセス可能になっていたようだ。
現在登録フォームは、脆弱性の修正を行い、セキュリティの確認中だ。
会員登録のほうは、メールによる受付で再開している。

2つ目は、google社のサービスである「Gmail」に見つかった脆弱性だ。
これを発見したのは14歳の「アンソニー」と名乗る少年であるそうだ。
米SANS Instituteによれば、この問題はJavascriptに関するもので、悪用が容易であったらしい。
しかし、これはgoogleによってすでに修正済みで、安全に利用できるようになっている。
「アンソニー」少年が脆弱性を公表したブログはコチラだ。
【“「日本ブログ協会」と「Gmail」のサイトに脆弱性”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
スポンサーサイト
  1. 2006/03/06(月) 10:46:30|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。