ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで活発な「難病に苦しむ子供たち」を応援するサイト


世の中には難病に苦しむ多くの子供たちがいる。
そんな子供たちは輝かしい未来がありつつも、病のために不自由な生活をしていることも多い。
また、海外の病院では治療方法が見つかっていても、治療費が足りずに遠征できないこともしばしば。

そんな子供たちを応援するサイトが、ネット上には存在する。
その中でも、今、多くの人が応援しているサイトを2つ紹介しよう。

ひでゆき君を救う会」では、秋田県に住む重い心臓病の少年・ひでゆき君(14歳)を応援している。
現行の臓器移植法では、15歳未満の小児からの臓器提供を認めていないことなどの理由から、ひろゆき君は海外で心臓の移植手術をする計画をたてている。
しかし、ひでゆき君は海外での治療費がとても高額なため、病に苦しみながらも遠征にかかる資金を集めている。

あやかちゃんを救う会」では、腸の病気のあやかちゃん(0歳)を応援している。
あやかちゃんは、5000人に1人と言われている「ヒルシュスプルング病類縁疾患の中の全腸管壁内神経細胞未熟症」という病気にかかっている。
全く治らないわけではないが、彩花ちゃんは肝不全を併発し、余命宣告までされているそうである。
一刻も早くアメリカでの治療を必要としているが、やはり高額な治療費のため、遠征できずにいる。

もしこのような難病の子供たちに、十分な治療を与えてあげたいという方は、ぜひ募金に参加してほしい。
【“ネットで活発な「難病に苦しむ子供たち」を応援するサイト”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
スポンサーサイト
  1. 2005/11/18(金) 11:43:59|
  2. 一般カルチャー|
  3. トラバ:4|
  4. コメント:2
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。