ネットカルチャー概論

ネットで話題のアレやコレをあらゆる方向から発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラバ(-)|
  4. コメント(-)
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Yahoo! Japan」月間PVが世界一に


日本では「Google」よりも調子の良い「Yahoo! Japan」であるが、なんと5月の月間PVが世界一位に輝いたようだ。

世界一位というのは大変なもので、コチラのサイトコチラのサイトなど、世界の注目されているサイトをことごとく押さえたということになる。

ちなみに具体的な数字で言うと、318億PVだそうだ。

その他のサイトの情報を挙げれば、MySpaceを所有するNews Corp. Onlineが296億PV、Googleが212億PV、Microsoftが155億PVだ。

「Google」も「YouTube」を傘下に入れてからというもの、成長率が58%増と急成長を遂げてはいるものの、まだまだ「Yahoo! Japan」には届かず、といったところだ。

日本のITエンターテインメントが世界一位を飾るなんて、とても凄いことだ。
【“「Yahoo! Japan」月間PVが世界一に”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
スポンサーサイト
  1. 2007/06/25(月) 22:30:04|
  2. ニュース|
  3. トラバ:1|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Google AdSense Publisher Day 2007」が日本で開催


Googleが「Google Adsense」を利用しているユーザーのために、「Google AdSense Publisher Day 2007」というイベントを開催するようだ。

会場はセルリアンタワー東急ホテルにて開催され、収益を伸ばすための広告の掲載場所や、AdSense専任スタッフが直接質疑応答をしてくれるらしい。

詳細はコチラのサイトにて確認してほしい。

最近、地味に「Inside AdSense(AdSense 日本版 公式ブログ)」も公開されたようで、「Google Adsense」も少しずつ親切になってきているようだ。

突然「Google Adsense」のアカウント停止を喰らってしまった人も、直接Googleの中の人にアカウントの復活をお願いしてみるのもいいかもしれない。
【“「Google AdSense Publisher Day 2007」が日本で開催”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/06/21(木) 22:51:24|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

Second Lifeの土地を無料で貸し出す「スパイスボックス」


スパイスボックスという企業が、仮想世界「Second Life」で、新たな日本人居住区「Japan Islands」を作り、個人ユーザー向けに土地を無料で貸し出すことを発表した。

これまで、ホームページなどを作るときも、無料のホスティング業者がサーバーの一区画を無料で貸し出したように、「Second Life」内の土地を創造と発信の空間として貸し出すというのだ。

これまで土地がほしいときは、有料の会員登録をした後に、またお金を払って土地を所有していたが、このシステムのおかげで、無料で土地が手に入ることになりそうだ。

まずは第1段として、6月20日より合計232区画の募集を開始するという。

土地がほしい方はコチラのblogまで。
【“Second Lifeの土地を無料で貸し出す「スパイスボックス」”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/06/20(水) 23:10:52|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語版YouTubeにも対応した「YouTube ダウンロード」システム


YouTube」が日本語版サイトである「YouTube Japan」を開始した。

これまでサイトのメニューや、インターフェイスが、英語のみの対応だった「YouTube」であったが、「YouTube Japan」ではそれがすべて日本語対応となったのだ。

それに伴って、「Piyo Piyo Labs」の「YouTube ダウンロード」システムも「YouTube Japan」に対応することになった。

例えば、「折り紙・ターバン野口の折り方」という動画があったときも、この動画のURLである「http://jp.youtube.com/watch?v=gj9rIZaBvrk」を入力フォームに入れて実行するだけで、ダウンロードしたいflvファイルが手に入れることができる。

詳しくは、「Piyo Piyo Labs」の「YouTube ダウンロード」システムで1度実行してみるのが早いだろう。

きっと、すぐにダウンロードしたい動画ファイルが手に入るはずだ。


また、MetacafeDailyMotionStage6の動画をダウンロードしたい方は、「Piyo Piyo Video」に行くとダウンロードできるはずだ。
【“日本語版YouTubeにも対応した「YouTube ダウンロード」システム”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/06/19(火) 23:06:33|
  2. ニュース|
  3. トラバ:6|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

日本版セカンド・ライフになるか「meet-me」登場


今、巷ではSecondlifeが大きく注目され、いろいろな書籍まで出るようになった。

そしてとうとう、日本版Secondlifeになりうる、3Dのメタバース空間を使った事業を扱う企業が表れた。

トランスコスモスとフロム・ソフトウェアと産経新聞社が、合弁会社「株式会社ココア(Co-Core)」の設立を発表したのだ。

この企業では、女性や子供も含めた一般PCユーザー楽しめるメタバース「meet-me(α版)」を、2007年内に完成させる予定だという。

このメタバースでは、リアルな東京を再現し、現実世界にも存在するランドマークがいろいろなところで見えるような世界になるようだ。

果して、このメタバースが、日本版Secondlifeに、そして、第二の東京になりうるのか。

これらのメタバース企業の将来が楽しみである。
【“日本版セカンド・ライフになるか「meet-me」登場”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/06/06(水) 23:28:53|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

「Movable Type 4」が登場、秋にはオープンソース


日本のブログツールの最大手であるシックス・アパートが、ブログツール「Movable Type」のバージョン4を発表した。

画像のアップロード機能をリニューアルしたり、ウェブサイト全体を管理できる機能を加えたりと、様々な点で使い勝手が向上した。

最近はブログでなくとも、ポータルサイトとして「Movable Type」を利用するサイトが増加しているので、そのような使い方をしたときでも、十分に力を発揮できるようになったわけである。

また、何よりもサーバへのインストールをより簡単にしたというから、ビギナーには嬉しいところである。

そして、新しい試みとして、自らのブログによくコメントを書いてくれる読者に、ブログの更新権限を与えるという、コミュニティ機能も搭載した。

これによって、自分のブログをWeb 2.0的なコミュニティ・サイトにすることもできるようになった。

これから、Web 2.0サイトを作る方も、この「Movable Type」を基板して、サイトの構築をしていくようになっていくかもしれない。
【“「Movable Type 4」が登場、秋にはオープンソース”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/06/05(火) 23:13:50|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加

IPAが「ウイルス情報iPedia」を開設


情報処理推進機構(IPA)が、コンピュータウイルスの情報を揃えたデータベース「ウイルス情報iPedia」を開設した。

このサイトでは、IPAに届け出のあったウイルスやボットなどを中心に、それらの主な動作内容や対処法などの解析結果を公開している。

気になるウイルスの名称やファイル名を入力することで、データベースの中から該当しそうなウイルスを表示してくれるのだ。

IPAには様々なウイルスの被害届が一般の方々から集められているが、総務省と経済産業省による連携プロジェクト「Cyber Clean Center」では、実際に蔓延しているウイルスの検体も集めている。

もし、怪しいファイルが見つかったときは、「Cyber Clean Center」に届け出ると良いだろう。
【“IPAが「ウイルス情報iPedia」を開設”の続きを読む】
【人気blogランキングへクリック!】 【楽天市場】 【ビービーサーバー】
  1. 2007/05/30(水) 19:38:35|
  2. ニュース|
  3. トラバ:0|
  4. コメント:0
  5. |このエントリーをはてなブックマークに追加
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。